冷蔵庫 搬入 業者

冷蔵庫搬入の業者を簡単に安くする方法がわかる

冷蔵庫 搬入

冷蔵庫 運ぶ

冷蔵庫 輸送

冷蔵庫 配送

冷蔵庫 輸送

 

冷蔵庫の搬入は大変です。
大きくて重い上に、高価なので雑に扱うこともできません。

 

ちょっとでも物件に段差があると、約100sもあるのに持ち上げなくてはなりません。

 

そんな危ない冷蔵庫の搬入は、引越し業者にお任せしましょう。

 

費用をできるだけ安くしたいなら、引越し業者一括見積もりサイトがオススメです。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

引越し業者は物件の床や壁を保護しながら、安全に冷蔵庫を運んでくれます。

 

場合によっては、2階への釣り上げなど素人では絶対に出来ない技術もあります。

 

引越し業者には、大きな家財だけを運んでくれるサービスがあります。

 

冷蔵庫だけを運んで欲しいという依頼は少なくありませんので、ご安心ください。

 

あなたの希望に合った引越し業者が見つかるといいですね。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

 

引越しの手順を知っておこう

 

引越し手順

 

引越しの手順を知っておくと、だいぶ気分が楽になります。
おおまかな手順を確認しておいてくださいね。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

引越しといえば引越し業者を決めることが大事ですが、引越し費用は新居の物件にエレベーターがあるのかないのかによっても金額が変わります。
ですから、新居が決まらないと正確な見積もりが出せません。
引越し業者への見積もりは、新居が決定したらすぐがオススメです。

 

そして引越し料金は荷物の量に比例して値段が変わります。
荷物が多ければそれだけ大きなトラック、多くのスタッフ、多くのガソリンが必要となりますから、費用が当然高くなるのです。
不用品はどんどん処分して、荷物を減らして使わないものから梱包していきましょう。

 

市外への引越しの場合は、市町村役場で転出届を提出しておきましょう。
引越しの2週間前から提出することができます。
これを出し忘れると提出しに戻ったり、連絡して郵送してもらって送り返すなどの手間がかかります。
市町村役場に行きましたら、国民年金や国民健康保険の手続きが必要かも聞いてください。

 

2週間くらい前になると電気・ガス・水道業者に連絡して、引越し日までの費用を日割り精算してもらいましょう。
手続きの方法は各会社で異なりますので、まずは電話連絡を。
同一市内の引越しなら、引越し日に新居で電気・ガス・水道を使えるように手配してもらいましょう。

 

郵便物が届かなくなるのは不便ですね。
最寄りの郵便局に行って「転送届」を提出すれば、1年間は郵便物を新居に転送してくれます。
この1年間に引越ししましたという連絡を、友人や知人に手紙やメール、LINEなどでお知らせしておきましょう。

 

引越しの当日、運ぶものはすべて引越し業者におまかせして、あなたは家具た家電の配置を指示してください。
あらかじめ決めて紙に書いておくと便利です。
貴重品、高級品、貴金属、お金、パソコンのデータ、遺影、位牌など大事なものは自分で運んだ方が安心です。
これらは破損して保険を使ってもお金で解決できるものではありませんので、大事にしてください。

 

引越ししてから2週間以内に新居に最寄りの市町村役場に行き、市内引越しなら転居届を市外引越しなた転入届を提出しましょう。
これで選挙のお知らせなどが届きます。

 

最後に運転免許証やパスポート、保険証など身分証明書になるもの、銀行やクレジットカード会社、保険会社などにも住所変更をお知らせしてくださいね。
放置すると大事なお知らせが届かなかったり、いざ使おうと思っても使えないなどのトラブルになります。
忘れないうちに行ってください。

 

 

 

引越しの搬出方法

引越しの搬出作業は大がかりですので、当日は何かと慌ただしいと思います。
しかし、引越し業者がすべて行ってくれるのであれば、特に心配はいりません。

 

 

引越し当日は、指定した時間に業者のトラックが現れます。

 

岐阜

そして、玄関や柱などが傷つかないようシートなどで養生したあと、荷造りした段ボールをトラックに入れて運びます。

もしも自分でトラックに搬入する場合、重いものを上にしないよう注意しましょう。
冷蔵庫など重量物を運ぶ場合も、重量物を布の上に載せて布を引っ張って運ぶなど、工夫することが大切です。
スタッフの人数にもよりますが、引越し業者はプロですので、荷造りや運搬はとてもスムーズにいくと思われます。
しかし、格安の引越し業者の場合はスタッフが少なかったり、養生に不安がある場合もあります。

 

作業中に破損が発生した場合、賠償金額が時価評価となるので注意しましょう。
また、悪質業者の場合は賠償をごねる場合もあるので、やはり口コミなどによって事前に情報収集することは大切です。
もしも不安であれば、一緒に立ち会って作業をチェックするとよいでしょう。